弁護士紹介

質が高く相談しやすい法律事務所を目指しています

ph

弁護士 前田康行 -神奈川県弁護士会

MAEDA YASUYUKI法律事務所の代表弁護士、前田康行です。

法曹界は、司法改革が謳われ、その一環として弁護士大増員計画が実施されましたが、今それに歯止めがかかろうとして、この業界の今後は混沌としています。そのような中でも、当事務所は、リーガルアドバイザー、リーガルパートナーとして選択していただけるように、より質の高いリーガルサービスを提供できるよう様々な努力をしていきます。

1997年に弁護士登録後、数多くの法律業務を行ってきました。また、神奈川大学法学部での非常勤講師(担当科目 倒産処理法)、横浜弁護士会(現「神奈川県弁護士会」)副会長、自転車ADRセンター調停委員、横浜市大規模小売店舗立地審議会会長、逗子市情報公開審査委員、逗子市個人情報保護委員等多様な職務も経験してきました。これらの経験と知識を生かして、より質の高いリーガルサービスを提供します。

今後とも当事務所をよろしくお願いいたします。

主な経歴

1990年 3月
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1997年 4月
弁護士登録
2000年~2002年
慶應義塾大学司法研究室実務家ゼミナール 講師(民法)
2005年~2009年
神奈川大学法学部非常勤講師(倒産処理法)
2006年 4月
MAEDA YASUYUKI法律事務所を開設
2008年~2016年
横浜弁護士会(現「神奈川県弁護士会」)における司法修習生に対する民事弁護の講師

主な所属団体・委員会等

2013年 2月~現在
自転車ADRセンター調停委員
2013年 4月
横浜弁護士会(現「神奈川県弁護士会」)2013年度副会長
2014年 7月~現在
逗子市情報公開審査委員、逗子市個人情報保護委員
2014年 9月~現在
横浜市大規模小売店舗立地審議会会長
2015年 5月~現在
神奈川県弁護士会調査室室員
2015年 6月~現在
神奈川県弁護士会綱紀委員
2015年~2017年
神奈川県弁護士会情報問題対策委員会副委員長
2016年 4月~現在
神奈川県弁護士会研修委員会委員長
2016年 6月~現在
神奈川県宅地建物取引業協会監事
2017年 4月~現在
公益財産法人日本スポーツ仲裁機構 スポーツ仲裁人・調停人等候補者
2018年~現在
神奈川県弁護士会情報問題対策委員会委員長

資格

1988年 11月
宅地建物取引主任者(現 宅地建物取引主任士)

著書・論文

2002年12月
小さい会社の経理と労務・総務事典(共著)
2008年 3月
破産管財人の担保価値維持義務と善管注意義務
横浜弁護士会「専門実務研究」2008(平成20)年 第2号
2016年 6月
国際裁判管轄−義務履行地管轄
ジュリスト2016年6月号

講演・セミナー

2001年10月
「取引企業の倒産 その1 」
神奈川県中小企業団体中央会主催
2003年 2月
「民事再生申立代理人の活動」
横浜弁護士会倒産法研究会主催
2003年 7月
「再生計画案の検討等」
(パネリスト)横浜弁護士会倒産法研究会・CPA神奈川倒産法研究会共催
2003年 9月
「破産管財手続」
横浜弁護士会研修委員会主催
2004年 3月
「第6回 配当手続と税務」
横浜弁護士会倒産法研究会主催 破産管財人連続講座
2008年 2月
「第4回 破産に伴う不動産の任意売却」
横浜弁護士会倒産法研究会主催 破産管財人連続講座

メディア掲載履歴

2009年 9月
NHK「おはよう日本」
2010年 3月
テレ朝「スーパーモーニング」
2012年 2月
TBS「朝ズバ」

Twitterアカウント

▶ Twitterアカウントはこちら