MENU

学問のすすめ。

交通事故直後の対応

2011年07月17日

交通事故にあってしまった場合に必要な対応です。

 

1 警察への連絡
  交通事故が発生した場合,車両の運転手(乗務員を含む)は,
  イ 車両の運転を停止し,
  ロ 負傷者を救護し,
  ハ 危険防止の措置をとり,
  ニ 警察に事故の報告を
 しなければいけません(道路交通法72条)。これらの報告を怠ると罰則もあります。

 

これらの義務は,加害者にも被害者にも課せられています。加害者から警察への報告をしないで欲しいと依頼されることがありますが,軽い物損事故であっても必ず警察への報告はすべきです。

 

2 相手方の情報確認
 イ 氏名,住所,連絡先(携帯電話),住所,勤務先,勤務先の連絡先
  (免許証を見せて貰いましょう。名刺をもらいましょう。)
 ロ 相手方車両の所有者,使用者
  (車検証を見せて貰いましょう。車両のナンバーを確認しましょう。)
 ハ 強制保険及び任意保険の保険会社名,契約番号
  (自賠責保険証明書を見せて貰いましょう。)

 

3 証拠の保全・収集
 イ 警察がくるまで,できるだけ事故現場はそのままにしましょう。
但し,1ハの危険防止措置義務との関係で,車両を移動する必要があるときは,なるべく多くの写真を残してから(各車両の位置,スリップ痕など)移動させましょう。
 ロ 双方の車両や身体の被害状況を写真にとりましょう。
 ハ 相手方の言い分を確認して,できれば録音しましょう。
 ニ 目撃者がいる場合,目撃者の連絡先を聞いておきましょう。
  (できればその場で,証言を録音しましょう。)
 ホ その他現場の状況等を再現できるように,なるべく多くの写真を撮りましょう。

 

4 自分の保険会社に連絡しましょう。